ホーム>語り継ぎたい故郷の唄>岩崎稲荷音頭(宮崎県日南市)

語り継ぎたい故郷の唄

 岩崎稲荷音頭 / 宮崎県日南市

 

「かつての賑わいを取り戻せ!日南・油津」

 

 

宮崎県の県南に位置する日南市。 地場産材「飫肥杉」の積み出しやマグロ漁で賑わった港町油津。 時代の変化に飲まれ、かつて地域最大と言われた商店街も衰退の一途をたどっていました。
しかしいま、かつての賑わいを取り戻そうと、地元住民やその応援団が立ち上がり、「これまでにない商店街再生を目指そう」と動き始めています。

 

岩崎稲荷音頭」は商売繁盛を願った唄。 日南市のお稲荷さん、その一つは商店街の傍らにあり、今でも商店主らが大切にしています。
7月の夏祭りでは、地域住民が集い、唄い、踊り、そして「商売繁盛」を語らい、商店街が人で溢れかえります。

 


時代が遷り、社会の情勢が変わろうと、変わらない商売人の心意気。お客様に喜んでいただくための切磋琢磨を繰り返し、若い世代を育て、街の循環をつくり出していく。そんな想いが少しずつ商店街の活性化として現れ始めてきています。

 

元気な日南・油津の商店街。
ぜひ訪れていただきたいものです。

 


●商店街のご紹介

 

○油津Yotten
みなさんの“まちに集まってこんなことをしたい” を実現する場です。
かつて賑わいの中心だったスーパー跡を飫肥杉をふんだんに使って改修し、スクールやスタジオなどいろんな利用者ニーズに合わせることができる空間です。

 




 

 

○あぶらつ食堂

 

 


油津の食文化を継承する新しい概念の“屋台村”です。
小さな6つの部屋に別れ、和、洋、中と幅広いジャンルの飲食店が並びます。
ランチやディナーでいつも賑わっています。


 

 

○ABURATSU GARDEN


6つのコンテナが並ぶ“お庭”をイメージしたいやしの空間。
スイーツのお店を中心に、若者や女性向けのお店がみなさまをおもてなしします。


 

 

○ABURATSU COFFEE


かつて商店街の賑わいの象徴だった喫茶店を、リニューアルしたカフェ。
商店街再生のシンボル店。
すでに街に根付く、なくてはならない場所になっています。


 

 

 

 

 

 

「岩崎稲荷音頭」


作詞:川越敏郎 / 作曲:上久保寿名雄 
唄:二代目 村上由哲  伴奏:村上三絃道

 

 

1.ハァ岩崎おいなりさんはヨー
結びの神よ 長い石段昇りつめ
緑静かな緑静かな 御神殿
祈る真心 うるわしや

2.ハァ岩崎おいなりさんはヨー
豊作の神よ 守るにやま御神殿
黄金の波が黄金の波が うねりゆく
祭りにぎわう ししも舞う

3.ハァ岩崎おいなりさんはよ
大漁の神よ 黒潮光る日向灘
踊る銀鱗踊る銀鱗 海の幸(さち)
港にたなびく 大漁旗

4.ハァ岩崎おいなりさんはよ
よろずの神よ 団居(まどい)豊かな我が家(いえ)
笑顔つきない笑顔つきない 虹の橋
み空に明るい お月様

 

 

 

資料・写真提供:木藤亮太
          【テナントミックスサポートマネージャー(日南市油津商店街)】
協力:日南市
撮影:那須安広

 

 

【語り継ぎたい故郷の唄】INDEXへ

ページの先頭に戻る